読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰が痛かった話

 

この記事は、mast Advent Calendar 2016 の13日目の記事です。

 

はじめましての方も多いと思います、mast14の井上さんふらんしすこと申します。

 

情報学徒となると今までもこれからもパソコンとにらめっこして

座っていることが多いかと思います。

いくら必修とはいえ高校の時よりはるかに頻度の低い体育で、しかも3年になって

それすらなくなると運動系サークルに入ってない限りは運動不足に陥ります。

そうなると多くの人のもとにやってくるのが「腰痛」です。

 

今回は僕のアイデンティティですらあった腰痛からようやくおさらばできてきた話です。

もう少し具体的に言うと、病院で治療を受けた話と生活するうえで行ったちょっとした改善の話です。

 

腰痛に対する思いが溢れてとても長くなってしまったので、現在腰痛に悩んでいる方と将来腰痛に悩んだ方のみにおすすめします。

それ以外の方はTXで秋葉原に行く車中にでもお読みください。

写真は僕のレントゲン写真と作業環境くらいしかないです。

 

-----

 

前半 - 病院で治療を受けた話 -

 

腰痛持ちの方には共感していただけるかと思いますが、整形外科に行くと

 

僕「めっちゃ腰痛いんですけどどうにかなりませんか」
医者「ん~~~とりあえず痛み止め出しとくね」

 

ってなるわけです。毎度毎度。

いや、対症療法されたところで今までずっと苦しめられていたものが治るわけなくて。

ましてやずっと痛み止めに頼るわけにもいかないわけで。

「てか湿布高いんじゃ!!」

ってずっと思ってたし高校のころから

「俺はこいつ(腰痛)と一緒に生きていくんだ…」

ってあきらめていたわけですが今や大学3年生。

 

冬(経団連的には春)からは就活が始まります。

授業中に腰の痛みで体をくねくねさせる分には「なんやアイツ関わらんとこ」で

済みますが採用面接中にくねくねするわけにはいかないわけです。

少なくとも僕が面接官だったら間違いなく「お祈り」します。

 

こいつはまずいと思っていたところ「東西医学統合医療センター」なるところが

いいと聞き、すぐさま行ってまいりました。

 

-----

 

筑波技術大の敷地内にあるためアクセスはとても良い。近い。

初めて行ったときはとても空いていてびっくりしました。

あと予約がいらない(めんどくさがりには嬉しいポイント)

 

まずは整形外科に診てもらってレントゲン検査を受けます。

ここで担当医、衝撃の発言。

 

医者「さんふら君、腰の骨はきれいだけど君、背中の骨折れてるよ

僕「…は?

 

特に勉強・運動・プログラミングが得意なわけでもない僕の取柄というと

虫歯がない、骨折したことがない、くらいだったわけですが

その片方があえなくいつのまにやら消え去っていたわけです。

しかも自覚症状なしに。しかも背中の骨。

 

僕「でも全然痛くないんですが手術とかやらなくちゃいけないんですか…?」

医者「たぶんだいぶ前に折って、今の位置で安定してるみたいだからいいんじゃない?
   背中の骨って言っても背骨から出てる突起のうちの1つだし」

 

だそうです。

f:id:sanfra:20161204011554j:plain

 ▲実際のレントゲン写真。折れてる個所は黒い筋がハッキリと見える

 

癌を告げるときほどじゃないにしろもう少し心配させない物言いにしてくれ頼む。

しっかしいつ折れたんだか…心当たりなんて自転車ごと前宙したことくらいしかないんだけどな…

まぁ医者が大丈夫っていうんなら大丈夫なんでしょう。

 

話は本題に戻ります。

ぶっちゃけここまでは(骨が折れてた以外は)いつも通りの病院での流れで

あまり期待していなかったわけですが、

 

医者「鍼治療とリハビリの両方をやってみて少しずつ治していきましょうか」

 

ということで鍼治療を受ける21歳大学生になりました(完全にジジイやんけ)。

ようやく根本的な治療をやってもらえることになり超ハッピーでした。

 

鍼治療は腰回りの筋肉に針を刺して電気を流すやつでした。

それほど痛くなくて(注射の1/10くらい)びっくりしたのと、

トントントンと周期的に電気が流される度に筋肉だけビクビクと反応して

腰に心臓ができたみたいでめっちゃおもしろかったです。

 

感想としては気持ちよかったし楽にはなるけど効果が持続しない感じ(もちろん個人差はあると思います)。

 

というわけでお次はリハビリ。

こちらはたぶん想像していただける通りのリハビリです。

マッサージやらストレッチやら。

ただ施術する人がすごくて

「そう!そこが痛かったんだよ!!わかってくれるか!!!」

って感じでピンポイントで痛いところをほぐしていってくれます。プロすごい。

あと個室でやってくれるのと施設がすごくきれい。

家でできるマッサージを教えてもらってそれを継続する形になりました。

(が、ぶっちゃけ睡魔に勝てず家でなにもしなくても毎週来るだけで効果あった)。

 

-----

 

最終的に9月に通い初めて12月現在、立ってても座ってても痛かったのが、

フルコマも耐え抜ける程度には改善されました。

 

通う頻度は週1日から始めてだんだんと2週に1日程度に減らしていきます。

一応鍼治療とリハビリの両方を受けましたが

鍼治療は医師と自分のお財布と相談しながら減らしても(なくしても)いいと思います。

というのも保険がきかないから高い。1回4000円以上する。

対してリハビリは1回1000円ちょっと(高くても2000円ちょっと)

(比較的)安い。

これならバイトやってる人なら捻出できるかと。

時間もそれぞれ40分程度、合わせても80分。

2コマ連続で空いてるコマがあれば行けちゃいます。

東西医学統合医療センター、おすすめです。

 

(回し者っぽくなっちゃいましたが)ここまでが、いい病院に出会えた話。

 

参考までに補足しておくと弊学のほけかんの整形外科は例に漏れず痛み止め(ロキソプロフェン)だけ出してくるのでおススメしません。歯科は優秀なんですが…

というかそもそもの話、医学部の友人曰く「整形外科は建築屋さんでリハビリは内装屋さん」だそうで腰痛には後者が適しているのだとか。知らなかった…

 

-----

 

後半 - 生活するうえでちょっとした改善を行った話 -

 

後半(もはやおまけ)は生活するうえでちょっとした改善を行った話。

そもそも腰痛になる原因って運動不足なだけじゃなくて

座る姿勢にもあるんですね(当たり前)

僕は家にいるときはデスクトップPCを使っているんですが、

ここに問題がありました。

 

ディスプレイを机に直置きしていたわけです。

 

高さ調節がけっこう柔軟にできるディスプレイならいいんですが

僕の持ってるやつはできない上に直置きするとかなり低い。

この状態で使っていたのでかなり猫背になってしまって

腰痛の一因になっていたみたいです。


対策としてかっこいいモニターアームを買いたかったんですが

いかんせん高い上になんとうちの机はクランプを付けられない!!

ということでおとなしくディスプレイ台にしました。

(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00M9XOVPQ/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1 )

高さ調節はできませんがどれくらい上げたいか測ってから買えば問題なし。

あと収納スペースが増える。そして安い(2つ買っても5000円しない)。

結果的にこっちの方がよかったかもしれません。

f:id:sanfra:20161204013443j:plain

 ▲実際に使ってみたところ

 

ノートPC使ってる人も猫背になりがちなのでディスプレイ台にPCを置いて

外付けのキーボードで入力すると姿勢が改善されるかもしれません。


それと座面が固いのがよくない(?)っぽいので椅子に薄めのクッション(座布団)を

乗っけました。

あとはなるべく長時間ぶっ続けで座らないで途中で立ってストレッチをする、とか。

ちょっとしたことですがやらないよりははるかにましになると思いますので

いろいろ試してみてください。

 

-----

 今までずっっっと痛かったのがようやく改善されてびっくりするやら嬉しいやら。

完全に諦めていましたがやっぱり腰の痛みはない方がいいにきまっています。

この記事を読んでくださった方もこの機会に今一度治そうとしてみることをおすすめします。

腰痛は、治せます。